はちよりうえ

見たアニメについて感想などをメモる。※ネタばれあり

推しが武道館いってくれたら死ぬ 第2話「いちばん好きでいたい」感想

さっそく岡山でのイベントが発生。もうちょい地元愛が欲しいところだけど、これは恋やら愛のすれ違いを見る番組だから、岡山色は特に必要何のかもしれないと思い始めている。 今週の内容 スタバ差し込む日の光に、メガネを反射させつつくまさがえりぴよに見…

ちはやふる3 第14話「あひみての」

新の、かるたしよっさが聞けたので、周防の真似をしていた千早に気圧された形で、新のかるたを頭に入れていた太一が、思わず同じことを口走ったのも、あながち間違いでは無かったな。 今週の内容 永よ名人で祖父でもあった綿谷始を思わせる新のかるたに、歳…

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第2話「それが絶交証明書」

先週分、キュゥべえのウの字を打ち間違えていた。こいつ、性格だけじゃなくてカタカナ表記までひねくれているのか。 作品の内容 里美メディカルセンターの上層部の病室で、環ういは窓の外に向かって何事かをつぶやいていた。姉のいろはがキャリーケースをも…

推しが武道館いってくれたら死ぬ 第1話「そんな舞菜を愛してる」感

いや、マンガのCM見てても、タイトルと内容的に感想は書かないだろうと思っていたんだけどね。ノリが良かったので書き始める事になっている…不思議だ。 今週の内容 旭川さくらまつりで声を掛けられたえりは、ChamJamのライブのためにチラシ配りをしていたメ…

ちはやふる3 第13話「ふりゆくものはわがみなりけり」

千早と周防がどうやって公園まで移動したのか、その様子が気になる…。まさか千早が周防の持っているどらやきに、つられたわけじゃないよな? 作品の内容 名人戦決定戦の第一試合は、白波会の原田が勝利した。しかし第二試合を棄権すると言う原田に、翻弄され…

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第1話「やぁやぁ、知ってる?魔法少女のその噂」

相変わらず画面上の情報量が多いシャフト作品。テレビアニメ第一期の「魔法少女まどか☆マギカ」は見ていたから、キュゥべえの怖さは分るものの、魔女文字とかはさっぱり分からないや。 作品の内容 噂好きの少女たちが、魔法少女についての噂をする声をバック…

この音とまれ! 第26話「スタートライン」 感想

最終回にたたみ掛けるのではなく、最終回前に一通り見せ場は終わらせて、最後の話は次のステップに向かっていくところを表現する作品は、安心して見ていられる分、少々地味に見えてしまうよな。 作品の内容 自分たちの演奏を終えてから、さとわの母・千春を…

ちはやふる3 第12話「はなさそふあらしのにはのゆきならで」

東西挑戦者決定戦が始まったから、太一の影が薄くなった。むしろ原田先生の常識外れな作戦を理解して教えてくれる坪口兄さんの方が、なんか頼りになるなと思うくらいスポット当たらなくなると地味になるよね太一って。 作品の内容 東西挑戦者決定戦がいよい…

Fairy gone フェアリーゴーン 第24話「放たれた空 つないだ手」感想

最後まで視聴した結果、やはり「妖精」を題材にしているのに、作中の一般人は一切それについて語ったり噂したりしていないという点が非常に残念。作中の表現として何か理由があるわけではなく、たぶん作り手さんがそこまで意識していないんだろうなと感じる…

この音とまれ! 第25話「天泣」 感想

やっと今期の集大成が発揮される回という事で、前半はほぼ天泣に表現を費やしていたが、やっぱりアニメで曲の表現をする時は、2Dの絵が加わる分、より分り易くできて良いなとメディアの良さを実感した。 作品の内容 自分たちが一番練習したから大丈夫と言う…

ちはやふる3 第11話「きりたちのぼる あきのゆふぐれ」

そう言えば、部活内でも白波会と翠北会で分かれてるんだったね。そこら辺を忘れてたから、見返しても筑波と菫が怒っている理由を理解するのに時間かかかった。 作品の内容 教員志望を表明した事で、職員室で担任の深作と面談する千早。しかし何の教科の教員…

Fairy gone フェアリーゴーン 第23話「覚めぬ夢より出でしもの」感想

ヴェロニカに続いて、ウルフランまでもが主人公サイドに合流。 さらにロバート君がちゃっかりリリィ達と合流していて、マーリヤを置いてきている点を気にする素振りがないあたりや、そもそも神獣の素材に誰が使われたのか、ドロテア側は誰も知らないはずなの…

この音とまれ! 第24話「正解のその先」 感想

山本の数学から音楽、そして旅館経営という激動の人生の流れをさりげなく取り入れていたが、本人が明るいだけで結構大事だぞ。新卒から10年の年だから大体32歳になるので、親は大体若くて50後半辺りから60代くらいか、この段階で跡を継ぐことは想定していな…

ちはやふる3 第10話「さねかづら」

太一が修学旅行に合流。母・麗子による息子・太一への説教シーンは、出てこなかったが、後から話があると良いな。 作品の内容 西日本名人位予選の決勝について、同門対決となった事に盛り上がる会場内。その中で順当だと南雲会の活躍に満足そうにする栗山と…

Fairy gone フェアリーゴーン 第22話「終焉のパレード」感想

盛り上がってるなーとは思うけど、この作品の中でも群を抜いてつまらなく感じた。ヴェロニカさんはそれで良いのかよと言いたい。 今週の内容 ロンダキア宮殿の大天文広場では、暗殺されたゴルバーン首相の国葬が執り行われる準備が整っていた。ゴルバーンの…

この音とまれ! 第23話「王者の覚悟」 感想

愛が姫坂女学院の思い上がりを音で感じていたことがここで発覚したのは、何気にシビアな表現方法だと思う。審査員ならこの点は著明に感じるだろうし、姫坂女学院としては、邦楽祭で負けて良かったのかもしれないね。 作品の内容 10年連続で全国大会の出場記…

ちはやふる3 第9話「くだけてものをおもふころかな」

みちるによる千早の説教はあったが、母・麗子による息子・太一への説教シーンまでは、話が進まなかった…再来週分でも良いから、あると良いな。 作品の内容 現名人である周防に、挑発されたことを気にする新。そんな新の試合の様子を見て、現クイーンの詩暢は…

Fairy gone フェアリーゴーン 第21話「錆びた強者と開かない扉」感想

今回も、状況が進むだけで特段何も解決することなく終了。この作品は事件だけ解決して、盛り上がった雰囲気を出したら終わるつもりなんだね。 今週の内容 フリーから離れて森に入ったマーリヤを、神獣の素材として捕らえるべく姿を現したウルフラン。マーリ…

この音とまれ! 第22話「決戦の朝」 感想

だいぶ各校の意気込みを見せられたが、演奏までは進まなかった。そっか、それは晶が千春や堂島の強制連行のシーンとか、雑誌編集のシーンとかも入れていれば、来週から大会開始だよな。 作品の内容 全国予選の朝。自室で楽譜をカバンに入れていた武蔵は、先…

ちはやふる3 第8話「これやこの」感想

やはり太一には菫ちゃんが良いと思う。既に太一を優先して、麗子の意に沿わない行動もとれているし、彼女が嫁に来てくれれば、千早には望めなかったフォロー力も見込めるのだよまつげ君。 作品の内容 皆が金閣寺の金ピカ度合いを堪能する中、太一が抜け駆け…

Fairy gone フェアリーゴーン 第20話「はじまりの森」感想

まだ20話かと思うけど、残り話数を考えると、今週は特に解決する部分が無かった分、もう世界観の説明も期待できないなと思ってしまった。 今週の内容 妖精省へ突入を開始したドロテアは、マルコ・ベルウットとグリフ・マーサーを逮捕するために、各所で妖精…

この音とまれ! 第21話「意味と役割」 感想

堂島婆さんの自滅具合は、捻りが無くて少し残念。にしても、晶のすっきりとした表情は見れて何より。…つか、兄の慧士は実家の方に一人なのか? 作品の内容 さとわと晶の合奏を聞き、自分はさとわと肩を並べられる奏者にならなければならないと考えた愛は、同…

ちはやふる3 第7話「あらしふく」

修学旅行問題がようやく解決。出ている全員が大学に行くにしても、目的によって時間が無い人間が出てくる点は、高校生を描いているとどうしても通る道だよな。 作品の内容 吉野会大会で、A級決勝戦を繰り広げる千早と太一。その勝敗がだんだん近づくにつれて…

Fairy gone フェアリーゴーン 第19話「悲しい声と黒い本」感想

培養型妖精兵には触れず、今度は他人の妖精を使う術やら、妖精憑きが妖精器官を焼失させる話まで持ち上がり、一気に打開する術が今のところ思いつかない。この世界観の説明だけでもきれいに片付けられるのだろうか。 今週の内容 黒の九をイージェイから取り…

この音とまれ! 第20話「もう一度」 感想

しかし、光太のリズム音痴を表現していた、一人演奏のメロディーのダメさ加減は、なかなかにダメな出来上がりで感動した。こういうのは「のだめカンタービレ」以来で、久しぶりだったな。 作品の内容 これ以上、さとわを陥れるために近くにいる事は出来ない…

ちはやふる3 第6話「にしきなりけり」

やっと、週1話ずつのタイミングになった。つか、千早のお母さん、電車に乗っていたのはパートに行くためだったのね。パートの帰りだと勘違いして内容に書いてしまった。 作品の内容 吉野会大会は決勝戦を迎え、A 級の決勝に同会のしかも同級生が闘うとあって…

Fairy gone フェアリーゴーン 第18話「踊るネズミと折れた角」感想

しかし、培養型妖精兵って…どうやって作ったかとかは来週なのかな。おそらく妖精器官を培養したのだろうけど、この新しい技術、この期に及んで出す必要があったか? 今週の内容 妖精省に回収した黒の妖精書を届けるネイン。同行していたマーリヤとフリーを先…

この音とまれ! 第19話「対峙」 感想

今週分は晶の回想がメインになったけど、これって別に話したりしているわけでは無いから、視聴者側が知ることになっただけで、作品内ではあまり影響しないよね。こういうところは、対策と違って時間が無い作品は不利だよな…。 作品の内容 椿会の家元の子供と…

ちはやふる3 第5話「あまのかぐやま」感想

この作品の内容自分の得意な札のちはを取られた猪熊は、千早に3枚差まで追い上げられていた。楽しそうにかるたをする千早に、乗せてはいけないと考えていた猪熊だが、会場に入ってきた暉が母が楽しそうにかるたをする姿に、自分も素振りを始めてしまい、その…

ちはやふる3 第4話「たかさごの」 感想

2話分の放送2度目という事で、だいぶ世界観には慣れて来た感じがあるけど、あれ?進みはこんなにゆっくりだったかと疑問が出てきた。もしかすると週1話ずつだと相当じれったいのか? 作品の内容吉野会大会も準々決勝戦まで進み、それぞれの対戦相手が決定し…